ブログ

施設長の ”宝” 日記2020 ver.27

更新日:2020/08/24 投稿者名:takara03  カテゴリ:宝日記

当苑そばの稲田に実った早生品種「ハナエチゼン」の収穫が完了しました


(収穫中の写真を撮影できず、すみません。)

先週の土曜日、夏の日差しが照り付ける中、町内の組合員の皆さんが、

稲刈りに参加していました。(当職は勤務日のため不参加でした。)

 

ご承知のとおり、

日本における米づくりの歴史は古く、3000年以上前の縄文時代まで

さかのぼるといわれています。

以降、私たち日本人は、

お米と密接なかかわりを持ち続け、天皇陛下が斎行される「新嘗祭」をはじめ、

日本各地で、豊作や収穫に感謝する祭りがおこなわれています。

言うまでもなく、私たちの主食は、お米です。

当法人でも同様に、月3回程度のそば・うどんを除いて、

入居者様やご利用者様へお米を提供しています。


8月24日の昼食(この日は ” 梅ご飯 ” でした。)

管理栄養士に確認したところ、

当法人ではひと月あたり、なんと250キログラムほどのお米を消費するそうです。

これからも、多くの ” 人の手 ” により育てられた美味しいお米を食べられることに

感謝し、ありがたくいただきます。