ブログ

施設長の ”宝” 日記2020 ver.33

更新日:2020/09/14 投稿者名:takara03  カテゴリ:ブログ

夜になると耳にする、

「リーン、リーン、リーン、リン、リン」と、鈴虫の鳴き声。

その奏でる音色は、日中の暑さを忘れさせてくれるかのように涼しげで、

情緒的にさえ感じます。

 

日本では、奈良時代に編さんされた万葉集などに虫の鳴き声を楽しむ様子が

詠まれているほか、

江戸時代の中期ごろには ” 虫売り ” が商売として成立するなど、古来から、

虫の鳴き声を楽しむ文化は、私たちの暮らしと結びつきがあったようです。


↑「虫売り」 江戸職人歌合(石原正明著)より引用

近年、都市化や生活スタイルの変化などにより、

虫の鳴き声を聴いたり愛でたりする文化が衰退しつつある中、

私どもの法人の周辺には、多くの虫がすむ『保たなければならない自然』が

残っています。

法人経営に置き換えると、

今後とも保たなければならないこと、今すぐに変わらなければならないこと、

これから変えなければならないことなど、さまざまです。

情報収集力、判断力、行動力を養い、何事も機敏に対応できる力を備え

前へ前へと進んでまいります